医療費控除と高額療養費の関係を教えて!

Q. 医療費控除と高額療養費の関係を教えて!

A.医療費控除は1年間(1月1日~12月31日)にかかった医療費が多い場合、確定申告をして税金を取り戻すしくみです。これに対し、高額療養費は、保険証を提示して支払った医療費の自己負担分を軽減するしくみです。

美々
美々

あの~。今更なのかもしれませんが、よく「医療費控除」という言葉を聞くのですが、医療費控除と高額療養費の関係ってどうなっているのですか?

ワンダ社労士
ワンダ
社労士

医療費控除は、1年間にかかった医療費の自己負担が多いときに、確定申告することで所得税の一部が払い戻されるしくみです。この「医療費」には、公的医療保険の対象分だけでなく、治療に要した費用であれば、保険診療対象外のものも対象になります。例えば、差額ベッド代、通院したときの交通費、ドラッグストアで購入した治療薬などがこれにあたります。高額療養費は、公的医療保険の対象となる治療について、自己負担分を軽減するしくみですね(1.「妻にがんの診断が! お金の用意どうしよう?」2.「高額療養費の手続きについて教えて!」参照)。
 なお、医療費控除の申告をする際の「自己負担」は、高額療養費など公的医療保険からの給付分を差し引いて申告します。あくまでも純粋な自己負担額のみが対象となります。

美々
美々

自己負担が少なくなるしくみっていろいろあるんですね。損しないように注意しないといけないですね。

ワンダ社労士
ワンダ
社労士

そうですね。まずはいろいろな制度があるということを、知ることから始めてみるのがいいと思います。

ワンダ社労士のわんポイントアドバイス ワンダ社労士のわんポイントアドバイス

どちらの制度も、該当するかの確認や手続きをするときに、領収書が必要になりますので、領収書は捨てないでくださいね。
確定申告については、「ここが知りたい!お金のはなし」(確定申告/医療費控除編)で詳しく説明しています。ぜひ参考にしてください。

カテゴリ