一度受給した後、復職して再度休む場合、傷病手当金はもらえるの?

Q. 一度受給した後、復職して再度休む場合、傷病手当金はもらえるの?

ワンダ社労士A.通算して、最長1年6か月までは受給できます。

古田得也

もう一つ質問です。例えば僕が傷病手当金をある程度もらった後に、復職して、また病気が悪くなって休むことになった場合、再度傷病手当金はもらえるのでしょうか。

ワンダ
社労士

2022年1月からの法律改正により、傷病手当金は、1つの傷病につき、通算して1年6か月出ることになりました(図1※1

※1 改正前(2021年12月まで)の傷病手当金は、復職して出勤できている期間も含めて、受給開始から最長1年6か月とされていました。

図1 同一傷病で再度休業した場合 ※再発や転移は同じ病気(同一傷病)になります。
2022年1月から(改正後)…傷病で休業:傷病手当金受給開始(受給期間A)→復職、出勤:支給なし→同じ傷病で再度休業:傷病手当金受給(受給期間B)→復職、出勤:支給なし→同じ傷病で再度休業:傷病手当金受給(受給期間C)→受給期間A+受給期間B+受給期間C=通算して1年6か月/2022年12月まで(改正前)…傷病で休業:傷病手当金受給開始(受給期間A)→復職、出勤:支給なし→同じ傷病で再度休業:傷病手当金受給→支給は打ち切り。受給期間は出勤した期間も含めて1年6か月まで
休業した期間のみ通算して最長1年6か月まで受給ができます
ワンダ
社労士

「通算して1年6か月」というのは、休業と復職を繰り返す場合に、傷病手当金の受給期間が最長1年6か月になるまで繰り延べて受給できるということです。

ただし、これは、同じ傷病での受給期間なので、違う傷病であれば、その違う傷病で新たに通算して1年6か月まで受給できることになります。

また、現在すでに傷病手当金を受給されている方で、2020年7月2日以降に受給開始となった方には経過措置があります(図2)。2020年7月1日以前に受給開始となっている方は、 2022年1月1日時点で1年6か月経過しているので、従来どおり、受給開始から1年6か月で打ち切りとなります。

図2 改正以前に受給が始まっている方への経過措置
すでに傷病手当金を受けている方で「傷病手当金の受給開始日が2020(令和2)年 7月2日以降の場合」→受給開始から通算して1年6か月分、受給(経過措置の対象)例:2021年10月から受給開始した人の場合…2021年10月から傷病で休業:傷病手当金受給開始(受給期間A)→復職、出勤:支給なし→同じ傷病で再度休業:傷病手当金受給(受給期間B)→受給期間A+受給期間B…=通算して1年6か月になるまで受給できる(改正後の取扱い)