外見の変化にも
自分らしさを

脱毛や、手術の痕など、治療に伴い起こる外見の変化。
がんになる前とは変わってしまった自分と、どう向き合っていけばよいのでしょう。
がんになっても、自分らしく生きていくために、外見に起こるさまざまな変化への対処法をご紹介します。

(監修:国立がん研究センター中央病院 アピアランス支援室 臨床心理士 藤間 勝子 先生)

NEW
ケアの工夫

ヘアケア

がん患者さんが求めるアピアランスケアとは