還付金って何がどのくらい戻るの?

土肥みか

「かんぷきん」って聞きますけど、一体何が戻るんですか?そもそもどのくらい戻るの?

ワンダ
税理士

「還付金」ですね。還付金とは、所得税のうち、納め過ぎた税金が戻ってくる金額のことを言います。どのくらい戻るかは還付申告の種類や申告した人の所得によっても違ってきますので一概には言えません。
 誤解されがちなのは、医療費控除の場合、支払った医療費が全部戻ってくるわけではないということ。あくまでも税金の計算の基になる所得額(「課税所得金額」と言います。)から控除される項目の一つが「医療費控除」なのです。
 所得税の計算の仕組みを簡単に書いてみましょう。

給与所得課税の計算方法:ステップ1:収入金額(年間収入)→ステップ2:給与所得控除(所得額に応じた控除額が決まっています。給与収入から差し引き)、給与所得の金額→ステップ3:雑損控除、所得控除(個々人の状況によって様々な控除があります。「課税所得金額」を減らすためのひとつとして医療費控除があります!他に基礎控除、配偶者控除、(特定)扶養控除、(特別)障害者控除、社会保険料控除、生命保険料控除などなど)、課税所得金額(課税ベース)…課税所得金額A ステップ4:課税所得金額A×税率=所得税額B ステップ5:所得税額B-税額控除=納税額

出所)財務省HP「給与所得者の税計算フローチャート」より

土肥みか

「控除」って、よく聞く言葉でしたけど、課税される所得金額を出すプロセスの途中で差し引くものなんですね~。収入全部に税金がかかっている訳ではないんですね。知らなかった。

ワンダ
税理士

人にはそれぞれ事情というものがあるので、それを「控除」という形で考慮している訳です。控除額が多くなれば、納税額も少なくなるということですね。