働くサバイバーの
お悩みQ&A

このページは、がん治療と仕事を両立させながら働く上で「ちょっと気になる疑問」をQ&Aの方式でまとめたものです。

日常生活に戻ると、「あれ? 以前とちょっと違う」「こんなとき、みんなどうしているのだろう?」と、小さな悩みや疑問がでてきます。

「こんなこと、先生に聞くことじゃないし…」
そうですよね、しかも次の外来までは時間があるかもしれません。では、どうしたら良いでしょうか?

「ピア・サポート」という言葉をご存知ですか?「ピア」には、「同じ経験をした仲間」という意味があり、「ピア・サポート」は、「同じ経験をした仲間の支援」を言います。

1年間にがんの診断を受ける人は 100万人以上いるといわれていますから(2012年推計値)、あなたの周りには 100万人以上のピアがいます。

ピアにはピアならではの支援ができると言われており、中でも一番の強味になるのが「生活の知恵の共有」です。会社員、主婦、母親、学生…、皆がそれぞれの立場、それぞれの生活の中で見つけ出した「ピアならではの知恵や工夫」を持っています。失敗したこともあるでしょう。でも、失敗も経験の一つ、大きな知恵になっていきます。

このページには、そんなピアの知恵や工夫のうち、仕事に関する代表的なヒントが、エッセンスとしてつまっています。このページでは足りないことは、沢山あると思います。もしあなたにそんな経験があれば、SNSなどで発信をしてみてください。あなたの小さな知恵がピアを支える大きな力になるかもしれません。

決して一人ではありません、同じ経験をした仲間がそこにはいます。

キャンサー・ソリューションズ株式会社 代表
 がんサバイバー
桜井なおみ

監修:桜井なおみ(キャンサー・ソリューションズ株式会社代表)
藤田久子(特定社会保険労務士・社会福祉士・キャリアコンサルタント)

企画制作:キャンサー・ソリューションズ株式会社

その他のカテゴリ