女性の場合-卵巣機能

子どもを授かるためには

女性の生殖器は、卵巣卵管子宮からできており、これらは『排卵→受精→着床』の過程がスムーズに進み、妊娠するためにそれぞれ重要な役割を担っています(図1)。

卵巣:左右に一対あり、妊娠に必要な卵子を作り出す機能をもっており、約1ヵ月に1回、受精可能な卵子を排出(排卵)します。
卵管:左右に一対あり、子宮内腔とつながっています。末端はイソギンチャクのような形をしており、そこから排出された卵子を卵管内に取り込みます。また、子宮から昇ってきた精子に対して、精子の上昇を助けるとともに、受精に都合のよい環境をつくります。
子宮:受精卵が着床するための理想的な環境をつくっています。また、胎児が成長する場でもあり、分娩時には胎児や胎盤などを胎外へ出すはたらき(子宮収縮:陣痛)があります。

図1 排卵~着床まで

排卵~着床とホルモンのかかわり

排卵がきちんと行われるためには、卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)という2種類のホルモンが重要な役割を担っています。FSHには卵子を包んでいる卵胞を発育・成熟させるはたらきが、LHには十分に発育した卵胞に作用して排卵を起こさせるはたらきがあります。
さらにLHは、排卵後にできた黄体から黄体ホルモン(プロゲステロン)を分泌させます。プロゲステロンは子宮の内側を覆う子宮内膜に作用し、受精卵が着床しやすい状態へ変化させます(図2)。
受精卵が着床して胎盤ができると、胎盤から黄体を刺激するホルモン(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン:hCG)が分泌されるようになります。このhCGは黄体に作用してプロゲステロンの分泌を促し、妊娠を維持します。

図2 排卵~着床とホルモンのかかわり

卵巣機能は年齢とともに低下

妊娠するためには、卵子を作り出す機能をもつ卵巣が正常にはたらいている必要がありますが、卵巣のはたらきは年齢とともに低下することがわかっています。卵巣機能の低下を「卵子の数」、「卵子の質」という2つの面から見てみましょう。

1)卵子の数の変化

女性は卵巣内に一生分の卵子を持って生まれてきますが、年齢を重ねるごとに少しずつ卵子の数は減り、生まれた後に新たに卵子が作られることはありません。
卵子は母親の胎内にいるときに作られ、妊娠20週で600~700万個に達した後は、図3に示すように減少の一途をたどります。生まれたときに約200万個あった卵子は、排卵が始まる思春期には20~30万個に減っていきます。その後も月経周期あたり約1,000個、年間にすると1万個以上もの卵子が、排卵の有無にかかわらず減少し続けます。卵子の残りが約1,000個になると排卵が停止し、閉経するといわれています。

図3 卵子数の年齢による推移

Baker TG, Amer J Obstet Gynecol 1971; 110: 746-761

2)卵子の質の変化

卵巣に蓄えられた卵子は年齢とともに数が減少しながら老化し、染色体異常の可能性も増えていきます。妊娠して健やかな赤ちゃんを出産するためには健康な卵子が必要だと考えられます。質の低下した卵子は、妊娠しにくい状態、あるいは妊娠したとしても流産しやすい状態になりうることが知られています。

卵巣年齢はどうやってわかるの
-AMH検査-

年齢とともに卵子の数が減っていくことを説明しましたが、果たして今のあなたの卵巣が妊娠できる状態にあるのかどうか、言い換えれば卵巣年齢を知る方法はあるのでしょうか。最近、卵子が母親の胎内でつくられる途中で分泌されるホルモンの値が、卵巣の中に残っている卵子の数(卵巣予備能といいます)を反映することがわかってきました。このホルモンは抗ミュラー管ホルモン(アンチ・ミュラーリン・ホルモン:AMH)とよばれ、成長途中の卵子が卵巣内にどれだけあるかを知るための指標として注目されています(図4)。

図4 抗ミュラー管ホルモン(AMH)でわかること

AMH検査の実際

AMHは血液検査で測ることができます。例えば、AMHの値が高いと、卵子が卵巣内にたくさん蓄えられていること、一方、AMHの値が低いと卵子の数が少なくなってきていることを示します。
AMH検査は全国のほとんどの不妊専門クリニックで受けられます。検査を受けたい場合には、あらかじめ受けたい施設に検査可能かどうか確認するとよいでしょう。
検査費用は保険適用ではなく、施設によって異なりますが、約5,000円~1万円ほどです。
なお、AMHが表すのはあくまでも卵巣に残っている卵子の数の目安であり、卵巣予備能の目安となるものです。卵子の質を表すものではありませんので、AMHの値だけから妊娠できるかどうかを正確に判断できるわけではありません。