台湾風豆乳スープ

食欲不振
口内炎
下痢・便秘
悪心・嘔吐
味覚・嗅覚障害
嚥下障害
台湾風豆乳スープ
調理時間:10分
台湾の朝食「鹹豆漿(シェントウジャン)」を、親しみやすい和風の食材を使ってアレンジしました。
温めた豆乳とお酢を合わせて、おぼろ豆腐のようにふんわりと固めた、食べるスープです。
さっぱりとした酸味で食べやすく、手軽にたんぱく質を補うことができます。
台湾風豆乳スープ
調理時間:10分

栄養価(1人分)

エネルギー
119kcal
たんぱく質
9.1g
脂質
5.6g
炭水化物
7.0g
食物繊維
1.2g
食塩相当量
2.4g

材料(2人分)

豆乳(成分無調整)
300ml
長ねぎ
20g
ザーサイ
20g
しらす
10g
油揚げ
1/2枚
パクチー
適量
顆粒鶏ガラだしの素
小さじ1
少々
大さじ3
ラー油
適量

作り方

1
長ねぎ、ザーサイは粗みじん切りにし、パクチーはざく切りにする。
2
油揚げは1cm角に切り、オーブントースターの天板に並べてこんがりと焼く。
3
器にの長ねぎと酢を等分に入れる。
台湾風豆乳スープ_作り方2
4
小鍋に豆乳と鶏ガラだしの素を入れ、弱めの中火で沸騰直前まで温める。
※温める目安は、ふちがフツフツと泡立つくらい。沸騰させると分離するので注意。
台湾風豆乳スープ_作り方3
5
を静かに注ぎ入れ、ひと混ぜする。スープが固まってきたら、ザーサイ、しらす、パクチー、油揚げをのせ、お好みでラー油を回しかける。
※静かに注ぐことで表面がきれいに固まる。
台湾風豆乳スープ_作り方4

作り方のポイント

3
  1. 1大豆は植物性たんぱく質のほか、鉄やカルシウム、ビタミンB群を豊富に含む
  2. 2豆乳と酢は混ぜすぎると崩れるので、軽く混ぜる程度に
  3. 3辛みが苦手な場合はラー油を別にして、味の調整をしやすくする
台湾風豆乳スープ_作り方5
レシピ一覧へ レシピ一覧へ