小田巻蒸し

食欲不振
口内炎
下痢・便秘
悪心・嘔吐
味覚・嗅覚障害
嚥下障害
小田巻蒸し
調理時間:25分
小田巻蒸しとは大阪の郷土料理で、うどん入り茶碗蒸しのこと。
1品でたんぱく質とエネルギーを効率よく摂ることができます。
うどんはざく切りにすると、スプーンで食べやすくなります。
小田巻蒸し
調理時間:25分

栄養価(1人分)

エネルギー
206kcal
たんぱく質
16.0g
脂質
3.4g
炭水化物
26.1g
食物繊維
1.1g
食塩相当量
2.8g

材料(2人分)

ゆでうどん
1玉
1個
しいたけ
2枚
むきエビ
4尾
なると
4枚
みつば
適量
A
150ml
白ダシ
大さじ2

作り方

1
しいたけは軸を落として薄切り、エビは背わたを除いて1cm角に切る。
2
うどんは熱湯でさっとゆでてほぐし、ざるにあげてキッチンバサミでざく切りにする。
小田巻蒸し_作り方1
3
ボウルに卵を泡立てないように溶きほぐし、Aを加えて混ぜ合わせ、ざるでこす。
4
耐熱容器にを入れてその上に、なるとをのせ、を静かに注ぎ入れる。
※表面の気泡は竹串などでつぶすと、なめらかな仕上がりになる。
小田巻蒸し_作り方2
5
にアルミホイルをかぶせて鍋に入れ、熱湯を容器の1/3くらいの高さまで加えてふたをする。
強火で2分ほど加熱し、沸騰したらふたをずらして弱火にし、10~15分蒸す。
6
表面をスプーンなどで押してみて、卵液が固まっていたら取り出し、ざく切りにした三つ葉をのせる。
※押した時にスプーンが沈んでしまう場合は、火通りが弱いので、様子を見ながら5分ずつ追加で加熱する。
小田巻蒸し_作り方3

作り方のポイント

3
  1. 1うどんを切る時はキッチンバサミを使用すると簡単に
  2. 2温度が高すぎるとスが立ちやすくなるので、90度程度をキープして加熱する
  3. 3具材は好みに合わせて、自由にトッピングを楽しみましょう
レシピ一覧へ レシピ一覧へ