白菜と酒粕のとろとろみそ汁

食欲不振
口内炎
下痢・便秘
悪心・嘔吐
味覚・嗅覚障害
嚥下障害
白菜と酒粕のとろとろみそ汁
調理時間:15分
食物繊維やたんぱく質を含む酒粕を使用した、風味豊かなおみそ汁です。
酒粕は風味付け程度に少量加えることで、食べやすいあっさりとした味わいに仕上げています。
白菜と酒粕のとろとろみそ汁
調理時間:15分

栄養価(1人分)

エネルギー
109kcal
たんぱく質
7.6g
脂質
3.2g
炭水化物
11.9g
食物繊維
3.4g
食塩相当量
2.5g

材料(2人分)

白菜
150g
なめこ
1/2袋
油揚げ
1/2枚
酒粕
30g
ダシ汁
500ml
みそ
大さじ2
小ねぎ(小口切り)
適量

作り方

1
白菜は葉と芯に分けて葉はざく切りにし、芯はひと口大のそぎ切りにする。
なめこは水でさっと洗い、水けをきる。
2
油揚げは熱湯を回しかけて、短冊切りにする。
白菜と酒粕のとろとろみそ汁_作り方1
3
鍋にダシ汁とを入れて火にかけ、煮立ったら弱めの中火で5分煮る。
4
ボウルに酒粕をちぎって加え、のダシ汁を少量ずつ加えてよく混ぜ、酒粕を溶かす。
※温かいダシ汁をボウルに加えれば、酒粕を溶かしやすい。ホイッパーを使って混ぜても。
白菜と酒粕のとろとろみそ汁_作り方2
5
酒粕がすべて溶けたらに加え、みそを溶かし入れる。
弱火で温めて器に盛り、小ねぎを散らす。

作り方のポイント

3
  1. 1なめこの自然なとろみで、のど越しよく
  2. 2白菜の芯は、断面積の大きいそぎ切りにすることで、火通りをよくする
  3. 3酒粕は風味が飛ばないよう、加えたあとは弱火でさっと温める程度に
レシピ一覧へ レシピ一覧へ