鶏の照り焼き ひつまぶし風

食欲不振
口内炎
下痢・便秘
悪心・嘔吐
味覚・嗅覚障害
嚥下障害
鶏の照り焼き ひつまぶし風
鶏肉を甘辛いタレで香ばしく焼き上げた、食欲そそる一品です。
薬味は一味唐辛子や紅しょうがなど、数種類用意し、それぞれの味や香りを試してもらいましょう。
鶏の照り焼き ひつまぶし風

栄養価(1人分)

エネルギー
576kcal
たんぱく質
24.3g
脂質
21.3g
炭水化物
62.9g
食物繊維
0.5g
食塩相当量
1.9g

材料(2人分)

鶏もも肉
1枚
サラダ油
適量
ごはん
300g(茶碗2杯分)
薬味
(刻みのり・小ねぎ・ごま・紅しょうが・七味唐辛子 など)
各適量
A
しょうゆ、みりん、酒
各大さじ1
1個
B
砂糖
小さじ1/2
少々
水溶き片栗粉
小さじ1

作り方

1
鶏肉は余分な脂身を取り除いて、厚みのある部分はひらいて均一にし、皮目側にフォークで数か所刺す。
混ぜ合わせたAに10分ほど漬ける。漬けダレはとっておく。
鶏の照り焼き ひつまぶし風_作り方1
2
ボウルに卵を割り入れて溶きほぐし、Bを加えて混ぜ、ざるでこす。
フライパンにサラダ油を熱して、卵液を流し入れ薄く広げ、弱火で加熱する。
卵の表面が乾いてきたら、裏返して両面を焼き、火からおろして細切りにする。
※菜箸を、フライパンと卵液の間にすべりこませるように入れて持ち上げると、裏返しやすい。
鶏の照り焼き ひつまぶし風_作り方2
3
別のフライパンにサラダ油を熱して、中火での鶏肉を皮目から焼く。こんがりと焼き色がついたら、裏返して両面を焼き、肉に火が通ったら、漬けダレを加えて煮からめる。
4
器にごはんを盛り、2の錦糸卵と食べやすく切ったを盛る。お好みの薬味をトッピングする。

作り方のポイント

3
  1. 1錦糸卵を裏返すときは、菜箸を使うと返しやすい
  2. 2鶏肉と卵にも亜鉛が含まれており、味覚障害に効果的
  3. 3お好みで温めたダシ汁を加えてお茶漬けにしても
レシピ一覧へ レシピ一覧へ
その他のカテゴリ